コース詳細|英語で学ぶアフタースクール・学童保育

トップページ > コース紹介 > アフタースクールカリキュラム

アフタースクールカリキュラムの特徴

週3日~5日の通学を前提に、確実な英語力とグローバル・スキルの獲得を目指すカリキュラムです。1日の授業は3時間、子どもたちの多様な能力を引き出す5つのプログラムで構成されています。 授業のみお受けいただくカリキュラムコースと学校などの施設へのお迎え、カリキュラム前のお預りなどの学童保育サービスが付いた学童保育コースがあります。

Kinesthetic(キネステティック)

教師と一緒にスクール近隣の公園に出かけたり、スクール内の運動スペースで、ヨガ、ストレッチ、ダンス、リラクゼーション、呼吸法などのアクティビティを行います。身体を動かし、新鮮な空気を取り入れることで、後ろ向きな気持ちを前向きに、消極的な行動を積極的に切り替えるなど、自分自身で気持ちや行動をコントロールする能力を獲得します。この能力はグローバル時代を生きていく上でとても大切な「心の知性」のひとつです。

Circle Time(サークルタイム)

子どもたちと教師が輪になって、この社会の一員としてみんなで共生していくにはどうしたらいいのかを考えていく時間です。「友達と楽しく過ごすにはどうしたらいいのだろう?」「どうしてルールを守らなければならないの?」など、子どもたちを取り巻く身近な問題をテーマにディスカッションを行い、自分の考えと感情を効果的に組み合わせて、最善の意思決定をする「心の知性」「集団の知性」を養います。

Language Strategies(英語能力の強化プログラム)

他の全てのプログラムで役に立つ、英語能力の基礎を身につけることを目指すプログラムです。英語を母国語とする子どもたち向けの教材「Reading A-Z」を使用します。子どもたちの精神発達に合わせて設定されたテーマに沿って様々なアクティビティを行い、年齢に応じた英語の基礎能力を自然に学んでいきます。特に自分が理解したことを表現できる能力の育成を重視しています。

Story Telling(ストーリーテリング)

外国語を学ぶにあたり、とても大切な「読む能力」。その力をつけるためには、楽しい物語を読むことが一番の近道です。教師による読み聞かせ、子どもたちによる朗読、時には地域の人や家族をゲストに招いて、あらゆる人の口から語られる言葉を吸収しながら、情報を伝える方法や創造力を表現する方法として、物語が役立つことも理解していきます。

探究プログラム

当校の特徴的なカリキュラムである「探究型の学習」の時間です。子どもたちは曜日ごとに設定されたテーマを、1年をかけて学んでいきます。各テーマにはコアクエスチョン(普遍的な問い)が設定されます。例えば「食べ物」というテーマであれば、「食べ物はどうして必要なのだろう?」といった問いです。子どもたちはこの問いに対して答えを探し求めます。その過程で、世界の食べ物を勉強したり、グループワークをしたり、作文を書いたり、発表をしたりします。正しい答えはありません。自分なりの答えを見つけ、それを表現することが学習となります。

一日のスケジュール

1日のスケジュールは次の通りです。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
学童保育
サービス
※学童保育コースのみ
14:00
(スクールバスや徒歩でお迎え、入室)
See, Hear and Wonder Time & Home Work Time
英語ネイティブ教師によるお預かりタイム。
子どもたちはスクール内の好きな場所で自由に過ごします。
教師はその様子を観察し、子どもたちの個性やスキルの
プロファイルを作ります。
15:30
おやつタイム
カリキュ
ラム(授業)
16:00
Kinesthetic
(キネステティック/身体を動かすプログラム)
16:30
Circle Time
(サークルタイム/輪になってディスカッションする時間)
17:00
Language Strategies
(英語能力の強化プログラム)
17:45
Story Telling(物語から学ぶ時間)
18:00
探究プログラム(2017年度)
Our World

世界の国を旅しよう
Art Adventure
芸術は冒険だ
Musical Mind
音楽でつながろう
Fantastic Food
素晴らしい食の世界
Kids Force

仕事体験
学童保育
サービス
※オプション
19:00
(お迎え)
日本人スタッフによるお預かり・夕食サービス
※最長21時まで
21:00
Good Bye Time

アフタースクールの1日を

動画でレポート

探究のテーマ

当校の特徴的なカリキュラムである、探究プログラムのテーマ(2017年度)です。学年・学期ごとに設定されたテーマに沿って、教師が本質的な問い(Core Question)を投げかけ、子どもたちは答えを探していきます。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
コース名 Our World
世界の国を旅しよう
Art Adventure
芸術は冒険だ!
Musical Mind
音楽でつながろう
Fantastic Food
素晴らしい食の世界
Kids Force
仕事体験
コースの概要 世界の国々の文化的、歴史的な個性を理解し、興味を持ち、寛容性を育てる社会学です。 様々な手段で創造性を表現することを学び、芸術的な表現力を刺激します。 音楽に対する理解と感謝の気持ちを育て、創作し、他の人とシェアすることを覚えます。 食べ物に対する理解と感謝の気持ちを育て、基本的な料理のスキルを学びます。 様々な仕事に対する理解を通じて、コラボレーションと責任を学びます。
探究の
テーマ
幼稚園児 1学期 ブラジル 身近なものを描こう バンドって何? 健康な食事って? 写真家
2学期 モンゴル 色を使おう 世界の童謡を歌おう 農場を探究しよう アートギャラリー
3学期 アイスランド 印刷の仕組みを探究 音楽を作ろう 電子レンジって
すごい
客室乗務員
小学1・2
年生
1学期 マダガスカル 遠近法で絵を描こう 音楽の歴史を探究 基本の食材を知る レストラン
2学期 スイス 未来派の
アートを探究
世界の伝統音楽 クッキングの基礎 新聞記者
3学期 スリランカ 生活の中の
造形を学ぶ
今の時代の音楽 フランス料理を探究 ゲーム制作
小学3・4
年生
1学期 ボリビア 感情を表現する 音楽理論を探究 食材を育てよう 映画製作
2学期 トルコ 抽象画を探究しよう 楽器を知ろう、
作ろう
イタリア料理を探究 銀行員
3学期 タンザニア 独創的な造形に挑戦 バンドを組もう 中華料理を探究 入国審査官

※テーマは2017年度の例です。月曜日・金曜日のテーマはクラスによって異なり、全て例となります。

探究プログラム「仕事」をクローズアップ

探究プログラムの例として、金曜日の「仕事」をクローズアップしてみます。

仕事を探究する目的

仕事の探究を通して、コラボレーションと責任を学ぶ。

コアクエスチョン

仕事って何?/なぜ人は仕事をするのか?/仕事にはどんな責任が伴うのか?/それぞれの仕事にはどんな能力が必要なのか?

答えを探すためのアクティビティ

子どもたちは教師が提示した仕事リストの中から、自分たちが探究したい仕事を選び、1学期をかけて様々な角度から探究します。学期の終わりには、子どもたちがその職業に扮したり、制作した作品を発表するイベント(スクールフェスティバル)を開催、体験を通じて探究を深めます。

以下は小学1年・2年生のクラスが、「レストラン」という仕事を選んで探究した際のアクティビティ例です。

スクールフェスティバルの様子を動画でレポート

2013年7月26日に、中目黒アフタースクールで開催されたスクールフェスティバルの様子をレポートします。3クラスの子どもたちが1学期をかけて探究した仕事は、レストラン、映画制作、写真家。その成果を発表しています。

学習成果の測り方

当校にはテストはありません。教師は毎回のレッスンを通して子どもたちの英語力とグローバル・スキルの獲得状況を観察し、学期ごとに評価シートを作成して保護者の方にフィードバックしていきます。評価は8分野51項目に及びますが、教師は1人1人の子どもたちの成長をしっかりと見つめ、次の学習計画に活かしていくことで、より高い学習成果を目指します。

分野 育成の目的 評価のポイント(抜粋)
Leadership &
Responsibility
リーダーシップと
責任能力
任務を果たすことと責任を取ることの重要性を理解する子どもは、社会に貢献するだけでなく、社会を改善するために役立つ大人に成長します。 □クラスメイトを引っ張っていくことができる
□クラスメイトのサポートができる
□プラスアルファの役割を引き受けられる
Emotional Literacy
エモーショナル
リテラシー
子どもが学ぶべき最も重要なスキルの1つが、異なる性格を持つ幅広いタイプの人と協力できるようになることです。様々な心の動きを理解する子どもは、よい人間関係を築いていくことができます。 □自分の行動や起こった出来事が、周りの人にどのような感情的影響を与えるかを考えて行動できる
□クラスメイトを尊重し、丁寧に接することができる
□なぜ、そのルールが必要なのかを理解できる
Creativity &
Innovation
創造性と
革新性
21世紀の世界経済は、より高度な創造力、そして革新力を必要としています。創造力と革新性にあふれる子どもは、21世紀で成功を収めることができます。 □目に見える形にして、自分のアイディアを表現できる
□ものごとに、新しい価値を見出すことができる
□身体を使って、自分のアイディアを表現できる
Self-Management
自己管理
世界中の多くの学校において、生徒が自分の学習、教育に対して主導権を持ち、教育に自ら参加していくことの重要性が認識されています。 □ルールを知り、従うことができる
□やらなければいけないことをやり遂げられる
□気を散らさずに物事に向き合える
Critical Thinking &
Problem Solving
論理的思考力と
課題解決力
情報があふれる時代を生きる子どもたちにとって、情報を論理的に分析し、物事を様々な角度から見て、問題に対する解決策を見つける能力は非常に重要です。 □自分の判断について理由を説明できる
□物の「違った使い方」をいくつも思いつくことができる
□アクティビティを成功させるための戦略を見つけ出せる
Communication &
Collaboration
コミュニケーション力と
協調性
子どもたちが社会に出る20年後、世界はますます小さくなり、子どもたちは異なる文化的背景を持つ多様な人々とコミュニケーションを行い、共同で働く能力が求められるようになります。 □自分の思いや考えを周りと共有するなど、グループの中で行動できる
□人に助けや説明を求めることができる
□人の話に耳を傾けることができる
Flexibility &
Adaptability
柔軟性と適応性
21世紀に成功するためには、生活のあらゆる面において柔軟なアプローチが必要であり、変化し続ける状況に順応できなければなりません。 □難しいことに対しても、諦めずに挑戦できる
□目的達成のため、様々な角度からアプローチができる
□仲間のアイディアや考えを積極的に受け入れられる
Language Strategies
英語力
子どもたちが英語を文法規則のようにみなすのではなく、コミュニケーションの道具として確実に使いこなせるようにしていきます。 □全体把握
□文法スキル
□流暢さ、発音の良さ

導入スクール一覧

アフタースクールカリキュラムを導入しているスクール一覧

東京インターナショナルスクール 中目黒アフタースクール

東京都目黒区中目黒2-9-13 スタンレー電気本社ビル1階
開設コース:学童保育コース/カリキュラムコース
対象:小学1年生~4年生
開設日:月曜日~金曜日/16:00~19:00(学童保育サービスは14:00~21:00)

東京インターナショナルスクール 南麻布アフタースクール

東京都港区南麻布2-13-6 東京インターナショナルスクール内
開設コース:カリキュラムコースのみ
対象:年中~小学4年生
開設日:月曜日~金曜日/16:00~19:00

東京インターナショナルスクール 勝どきアフタースクール

東京都中央区勝どき3-12-1フォアフロントタワー1階
開設コース:学童保育コース/カリキュラムコース
対象:小学1年生~4年生
開設日:月曜日~金曜日16:00~19:00(学童保育サービスは14:00~21:00)

東京インターナショナルスクール 札幌円山アフタースクール

北海道札幌市中央区南2条西19丁目291-6 ヴィルヌーブ円山1F
開設コース:学童保育コース/カリキュラムコース
対象:小学1年生~4年生(2017年度)
開設日時:月曜日~金曜日16:00~19:00(学童保育サービスは14:00~21:00)

東京インターナショナルスクール 夙川アフタースクール

兵庫県西宮市菊谷町13-28 レガーロ苦楽園
開設コース:学童保育コース/カリキュラムコース
対象:年長~小学4年生(2017年度)
開設日時:月曜日~金曜日/15:30~18:30(学童保育サービスは13:45~20:45)

東京インターナショナルスクール 大濠アフタースクール

福岡県福岡市中央区鳥飼1-4-53
開設予定コース:学童保育コース/カリキュラムコース
対象:年中~小学3年生(2017年度)
開設日時:月曜日~金曜日/13:30~18:30(未就学児)、14:00~19:00(小学生)
(学童保育サービスは未就学児13:30~20:30、小学生14:00~21:00)