ご質問・FAQ|英語で学ぶアフタースクール・学童保育

トップページ > ご質問・FAQ

お問い合わせ

教育方針について

Q.他の英会話学校や英語学童保育とどこが違うのでしょうか?

目指すゴールが異なります。当校は、英語のコミュニケーション能力はもちろん、グローバル時代に通用する基礎スキルを育てる学童保育サービス付きのアフタースクールです。教科書に書いてある英語を繰り返し暗記する従来型の英語学習法とは一線を画し、子どもたちは発達段階に応じて設定されたテーマを「英語で」学んでいき、その過程の中で自己表現力や探究心などグローバル時代に欠かせない力を育んでいきます。確実な英語でのコミュニケーションのためには2,000時間以上英語にふれる必要があるため、当校のアフタースクールカリキュラムは1コマ3時間、週3日以上の通学が条件になっている点も特徴です。また単に外国人スタッフが英語でお 預かりをする英語学童保育とは異なり、大学卒業以上の資格を持ち、教育の現場で2年以上の経験を持つ英語ネイティブ教師がカリキュラムを提供し、学期ごとに評価をフィードバックするなど、教育機関としての機能が充実しています。

Q.東京インターナショナルスクール本校とはどのような関係があるのでしょうか。

東京インターナショナルスクールは、日本に短期間滞在する外国人の子どもたちのための学校ですが、当スクールは、東京インターナショナルスクールの創設者である坪谷ニュウエル郁子が、日本の子どもたちのために設立したアフタースクールです。カリキュラムは、東京インターナショナルスクールで活用されている「探究型カリキュラム」のメソッドに加え、英語を母国語としない子どもたち向けの英語学習法と、21世紀型学習を組み合わせた独自ののもとなっています。

Q.どのぐらいで、どの程度英語が話せるようになりますか?

確実な英語でのコミュニケーションのためには、2,000時間以上、英語にふれる必要があります。例えば、当校に週5日間通っていただいた場合、それは約3年で達成できます。個人差はありますが、3年経った時点では、会話のすべてを英語で行い、読み書きも可能に なります。一方で、週1回のLTEコースの場合は、自ずと成果には差がでてきますが、それでも「英語で学ぶ」探究型カリキュラムの力で、英語を第二言語として使っていくうえでの十分な素地は身に付きます。

Q.先生は外国人ですか?日本人ですか? 先生の採用基準はどのようなものですか?

先生はすべて英語がネイティブの外国人となります。大学卒業資格を持ち、最低でも2年以上の教育経験がある人材が採用条件です。 面接を経て、当校の理念の実現に最も適した人材を登用しています。採用後も独自のトレーニングプログラムで質の高い授業を実現します。

Q.クラスはどのように分けられていますか?帰国子女クラスはありますか?

子どもたちの発達段階に合わせたテーマを探究するため、学年別のクラス分けをしています。ただしLanguage Strategies(英語能力の強化プログラム)の時間では、各個人の英語のレベルにあった指導を行います。また、スクールによっては帰国子女(Advanced)クラスを設けていますので、お問い合わせください。

Q.まだ幼稚園年少なので、3時間を英語で過ごすことができるのか心配です。

子どもたちの好奇心を刺激する探究型カリキュラムの力で、たとえ年少の子どもでも3時間という時間を夢中に過ごすことができます。実際に通われている生徒さんでも、「始めは不安だったけど通ってみたら大丈夫だった」というお声も多くいただきます。

Q.途中で入学した場合、英語力の面でついていくことはできますか?

最初は戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れ、ついていけるようになります。この年齢の子どもたちは吸収力が抜群ですので、すぐに英語を覚えていきます。個人差はありますが、2~3ヶ月すると話せなくても先生が言っていることがわかるようになります。4~5ヶ月である程度会話ができるようになり、半年を過ぎたくらいになると、子どもたち同士、英語で話すようになります。

Q.児童英検などの資格取得のサポートはありますか?

資格取得のサポートは行っておりません。ただし、探究型カリキュラムで学ぶ中で、生徒たちは「聞く」「話す」「読む」「書く」といったスキルをバランスよく学んでおり、結果的に、テストの結果が良かったといった声を保護者の方から多くいただいております。

入学資格・各種手続きについて

Q.アフタースクールはどうして週3日以上からなのですか?2日では入学できないでしょうか?

学童期の間に確実な英語力を獲得していただくために、原則、平日週3日以上の通学を条件とさせていただいております。ただし、一部スクールで開設している一定以上の英語力があるお子さま向けのAdvancedクラスでは週2日以上の通学も選択いただけます。また、平日週2日+LTEコース土曜日週1日といった組み合わせでもお申し込みを受け付けておりますので、個別にご相談ください。

Q.子どもも親も英語がまったく話せませんが大丈夫でしょうか?

大丈夫です。心配はいりません。保護者の方との会話は、日本人スタッフが担当します。お子さまは最初は少し戸惑うかもしれませんが、例えば、週5日通っていただいた場合、2~3ケ月で話せなくても教師の言っていることはわかるようになります。4~5ヶ月である程度会話ができるようになり、半年を過ぎたくらいになると、子どもたち同士、英語で話すようになります。ただし、これには個人差もあります。

Q.英語も話せず、人見知りも激しいので馴染めるか心配です

ご安心ください。教師もスタッフもすべてのお子さまたちのニーズを把握して働くプロフェッショナルですので、きちんと対応いたします。

Q.アフタースクール(学童保育コース)は、母親が働いていないと入学できませんか?

いいえ。学童保育コースは、保護者の方がともに就業されていることが条件ではありません。ご家庭の事情に関わらずお申し込みいただけます。

Q.無料体験レッスンはありますか?

はい。アフタースクールコースも、LTEコースも無料体験レッスンをご用意しています。予約制ですので、各校にお問い合わせいただき、探究型カリキュラムの楽しさを是非お試しください。

Q.個別面談での選考基準を教えてください。

当校の教育方針にご賛同いただけるかどうか、当校の提供サービスがお子さまやご家庭の方のニーズにお応えできるかどうかなどを確認させていただく場です。お子さまや保護者の方の英語力は原則問いません。※小学3年生の1学期以降のご入学に際しては、当校における英語レベルチェックへの合格もご入学条件となります。

Q.定員オーバーの時はどうなりますか?キャンセル待ちはできますか?

定員オーバーの際は、ウエイティングリストにご登録いただき、空きがでるのをお待ちいただきます。

Q.小学校5年生以上は入学できますか?

学童保育コース・カリキュラムコースは小学校4年生までの受け入れとさせていただいております。なお、2017年度より南麻布校にて小学5年生以上を対象とした「アカデミックコース」を開校いたします。詳しくはアカデミックコースのページをご覧ください。

Q.他校からの転校はできますか?

クラスに空きがあれば可能です。ただし、入学の際は改めて面談をさせていただきます。入学金は免除となります。

Q.退学はいつでもできますか?その場合、授業料の返金はありますか?

退学は毎月末に可能です。ただし、退学を希望される月の10日までに退学届をご提出いただくことをお願いしています。

アフタースクールについて

Q.日曜・祝日、振替休校・開校記念日などは預けることはできますか?

日曜・祝日は休校日となります。また小学校の開校記念日などへの対応は、各校にご相談ください。

Q.当日に延長預りや夕飯を申し込んでも大丈夫ですか?

やむを得ない場合を除き、当日対応は行なっておりません。延長お預りのお申し込みは、前日19時まで、食事のお申し込みは各校により異なりますのでご確認ください。

Q.セキュリティ対策について教えてください。

防犯カメラの設置、入退室を保護者様にお知らせするメールなど、安心してお預けいただけるサービスを導入しております。

Q.災害の際はどのような対応になりますか?

入学時にお渡しするハンドブックに「災害時の行動方針」が記載されています。例えば、災害時連絡が取れない際は、どこにお子さまをお連れし、保護者の方にお引渡しするのかなど、詳細が定めてあります。詳しくはそちらをご覧になってください。

Q.突然具合が悪くなった場合の対応を教えてください。

万が一、お子さまが病気や怪我をされた際には、保護者の方にご連絡の上、どのように対処すべきかご相談さし上げ、ご指示に従います。ただし、緊急の場合はスクールの判断により日本人スタッフが近隣の病院にお連れする場合があります。

Q.アレルギーなどはどのような対策をとっていますか?

入学時にアレルギーに関して申告していただき、症状が軽度の場合は出来るだけアレルギー物質を取り除いた食事をご提供します。ただし、重度の食物アレルギーについては、対象食物の完全除去は対応いたしかねるため、入学をご遠慮いただいています。 ※一般のメニューと同一厨房で調理し、調理・洗浄機器などについても一般のメニューと共通のものを使用するため、加工または調理の過程において、アレルギー物質が微量に混入する可能性があります。

Q.保護者との連携・連絡はどのようにとっていますか?

電話やEメール、連絡帳などを活用いたします。学期ごとの面談で、学習成果のご報告もいたします。日本人スタッフが対応しますので、日本語で大丈夫です。また、その日のレッスンの内容などは、保護者様専用の「保護者サイト」にてご確認いただけます。

Q.どの程度の体調なら預けても可能ですか?

37.5度以上の熱がある場合、また感染症の場合はお預かりできません。ご了承ください。

Q.アフタースクールをお休みした時は、振替授業を受けることはできますか?

アフタースクールのカリキュラムは、学期ごと毎週固定曜日で1つのテーマを学んでいくため、別曜日に振替授業は行っておりません。2週間前にご申告いただいた場合は、シーズンスクール(夏休み、冬休み、春休みに開校する別カリキュラムのスクール)でご利用いただけるポイントを差し上げます。

Q.アフタースクールでお稽古事や習い事は実施しますか?

本校は、放課後に通えるインターナショナルスクールです。お稽古事や習い事は実施いたしませんが、独自の運動プログラムや、音楽やアート、料理、自然科学、職業体験など幅広いテーマを取り上げる探究型学習、IT学習などを組み合わせ、単に英語力を養うだけでなく、グローバル時代に求められる幅広いスキルを身に付けることを目標としています。

Q.自宅近くまでの送りサービスはないのでしょうか?

行っておりません。お子さまをお迎えにいらっしゃる保護者様とのコミュニケーションも大切と考えています。ご了承ください。

Q.年間にどのようなイベントがありますか?保護者が参加したり、お手伝いするイベントはありますか?

毎学期末に1回、スクールフェスティバルを開催します。日ごろの学習成果を保護者の方やお友達に発表する場ですので、ご都合に合わせてご参加ください。

Q.学期途中で通学日数を変更することはできますか? その場合の支払いはどうなりますか?

定員に空きがあれば、通学日数を増やすことは可能です。その場合の利用料は、通学日数に応じた計算でお支払いただくことになります。

Q.授業料の支払い方法を教えてください。

授業料と施設維持費については、翌月分を毎月所定の日に自動引き落としにてお支払いただきます。但し、自動引落しになる前までは1~2ヶ月かかります。その期間はお振込でお願いしております。お預かり・お弁当料金はご利用実績に応じて翌月にお支払いいただきます。 

アフタースクール(Advancedクラス)について

Q.AdvancedクラスとRegularクラスの違いはなんですか?

英語のレベルが違います。小学1年生向けクラスの場合、東京インターナショナルスクールキンダーガーテンを卒園した生徒の英語レベル(英語を母国語とする国のキンダーガーテン年長終了時同等)を基準としています。一般からの生徒も帰国子女などそのレベルに到達していることが入学の条件となります。英語レベルが高い分、より深く探究を行うことができるので、非常にアカデミックで面白い授業ができます。

Q.入学希望者は全員入学できるのですか?

東京インターナショナルスクールキンダーガーテン卒園生は無試験にて全員入学可能です。一般からの場合は必ずレベルチェックテストを受けて頂き、英語のレベルが一定基準以上(小学1年生向けクラスの場合、英語を母国語とする国のキンダーガーテン年長終了時同等)のお子さまについてのみ入学可能です。

Q.英語のレベルチェックはどのようにするのですか?

当アフタースクールの教師が、英語の4技能に関するレベルチェックテストを実施し、求められるレベルをクリアしているかをチェックします。

Q. Regularクラスとは全く別のクラス運営になるのでしょうか?

身体を動かすプログラム(キネステティック)はRegularクラスと合同で行う場合がありますが、大半は別の運営となります。

Q.帰国子女なので、週1回の通学でも英語力は維持できるのではないでしょうか?

現在の英語力のキープだけではなく、その年齢に応じた語彙や表現力の獲得のためには、やはり週2日は必要です。

Q. Advancedクラスは、どのレベルの英語力の獲得を目指しているのですか?TOEICなど具体的な目標数値はありますか?

TOEICなどの具体的な数値目標は設けていません。米国の学年とほぼ同レベルの英語力を目指します。英語の授業では、米国の小学生の同学年と同じ教材を使い、評価していきます。小学校4年生終了時は、当校の英語レベルではLS7が到達目標で、これは米国の小学4年生修了レベルです。具体的な英語レベルの詳しい到達目標はスタッフまで確認ください。

LTEコースについて

Q.LTEコースのカリキュラムは、アフタースクールコースとは異なるのですか?

アフタースクールコースもLTEコースも、発達段階に応じて設定されたテーマを英語で探究するカリキュラムです。ただしアフタースクールコースは毎日通学することを前提に、バラエティ豊かなプログラム構成となっているのに対し、週1回通学するLTE(learning through English/英語で学ぶカリキュラム)コースは、探究型学習に特化したカリキュラムになっています。

Q.LTEコースだけだと、どの程度英語が話せるようになるのでしょうか?

確実な英語力の獲得のためには、2,000時間以上、英語にふれる必要があります。週5日、アフタースクールコースに通っていただくと、その目標は約3年で達成できます。つまり3年間で、会話のすべてを英語で行い、読み書きも可能になります。一方で、週1回のLTEコースの場合、1回3時間の授業と仮定した場合、週1回の通学では単純計算で12年~13年間かかりることになり、自ずと成果には差がでてきます。それでも教科書に書いてある英語を繰り返し暗記する従来型の英語学習法とは一線を画し、子どもたちの発達段階に応じて設定されたテーマを「英語で」学んでいくというカリキュラムの力で、今後英語を第二言語として使っていくうえでの十分な素地が身に付きますし、ご自宅での学習やサマースクールなどのシーズンスクールを組み合わせることで、より英語力を伸ばすことが可能です。

Q.LTEコースから、アフタースクールコースへの転入はできますか?

可能です。LTEコースで「英語で学ぶ」楽しさを発見したお子さまの英語力をより伸ばすために、ぜひご検討ください。

Q.定員が12名~18名と多いので、学習成果が気になります。マンツーマン指導や少人数クラスはないですか?

定員に満たない場合、少人数クラスになる可能性はありますが、基本的には、12名~18名で1クラスとなります。確実な英語のコミュニケーション能力とグローバルスキルを身につけるためには、自分で考え、他の生徒たちの話に耳を傾け、様々な考えを共有する方法を学ぶことが重要となり、それに適した人数でのクラス運営を行っています。

Q.そちらに通えない日でも英語力を伸ばすために、何か方法はありますか?

生活の様々な場面で英語を使ってみたり、映画を字幕なしで見てみたり、本を読んでみたり、工夫次第でどこでも英語の勉強はできます。また、教師・スタッフにご相談くだされば、一緒に考えますので、お気軽にご相談ください。

Q.入学はいつでも可能でしょうか?また通学期間は1ヵ月単位で申し込めますか?

入学はいつでも可能ですが、通学期間は、通年で通っていただく事が前提となります。これは確実な教育成果を見込むためにも大切です。短期間だけ通っていただいても、あまり成果を出すことができません。

Q.欠席したときは、振替授業を受けることができますか?

2週間前にご申請いただいた場合は、シーズンスクール(夏休み、冬休み、春休みに開校する別カリキュラムのスクール)でご利用いただけるポイントを差し上げます。こちらは月2回までとさせていただきます。 ※南麻布校、勝どき校未就学児、及び各スクールToddlerコースについては返金での対応となります。

Q.お迎えサービスやお預りサービスはありますか?

LTEコースでは、お迎えサービス・お預りサービスなどの学童保育サービスは行っておりません。ご了承ください。

運営会社について

東京インターナショナルスクール アフタースクールは、株式会社東京インターナショナルスクールグループが全国のパートナー企業とともに運営しています。

運営本部

社名 株式会社東京インターナショナルスクールグループ
創業 1985年
代表取締役社長 坪谷ニュウエル郁子
所在地 東京都目黒区下目黒2-20-28 東信目黒ビル5F
事業内容 教育機関へのカリキュラム・教師提供事業、東京インターナショナルスクール中目黒アフタースクール・キンダーガーテンおよび南麻布アフタースクールの運営
特徴 「自分自身と社会に責任を持ち、自信を持って、英語で自分を表現できる人を育む」という理念を掲げ、英語を母国語としない子どもたち向けのカリキュラムを開発。全国で260を超える小学校、幼稚園、保育園にカリキュラムと教師を提供している。